所得税法

2014年10月30日 (木)

自動車や自転車など使用の通勤手当の非課税限度額引き上げ

平成26年10月17日に所得税法施行令の
一部を改正する政令が交付され、
通勤のために自動車や自転車などの
交通用具を使用している場合の通勤手当の
非課税限度額が引き上げられました。

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
https://www.nta.go.jp/gensen/tsukin/index.htm

この改正は、平成26年10月20日に施行され、
平成26年4月1日以後に支払われる通勤手当から
改正後の金額が適用されます。

既に支払われた通勤手当の精算は
平成26年の年末調整で行うことになります。

年末調整で精算する場合の源泉徴収簿の
記載例はこちらをご覧ください。
https://www.nta.go.jp/gensen/tsukin/pdf/02.pdf

|

2014年10月10日 (金)

ノーベル賞の賞金には所得税がかかるのか

約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
すっかりサボってしまいました。

先日3名の日本人がノーベル物理学賞を受賞しました。
3人に日本円で1億円を超える賞金が贈られるそうです。

では、このノーベル物理学賞の賞金には所得税が
かかるのでしょうか。
結論から言いますと、ノーベル物理学賞の賞金には
所得税はかかりません。

所得税法9条13項ホ
「ノーベル基金からノーベル賞として交付される金品」
には所得税を課さないと明記されています。

ただし、例外があってノーベル経済学賞だけは
所得税がかかります。
なぜかといいますと、ノーベル経済学賞だけは
ノーベル基金から交付される賞金ではなく
スウェーデン国立銀行から交付される賞金だから
この所得税法の非課税規定には当てはまらないのです。

今までにノーベル経済学賞を受賞した日本人は
いませんので、話題にもなっていませんが、
この先、日本人がノーベル経済学賞に選ばれたら
その賞金も非課税にしようということになるのでは
ないかと思います。

その時になって慌てないためにも、今のうちから
ノーベル経済学賞の賞金も所得税非課税に
しておいたほうがいいのではないかと思っています。

決算、確定申告のご依頼は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ





|

2013年11月 6日 (水)

国税庁 平成25年分年末調整がよくわかるページ

国税庁が「平成25年分年末調整がよくわかるページ」を
作成しました。

私は今日の午後、税理士会の年末調整説明会に行ってきます。

http://www.nta.go.jp/gensen/nencho/index.htm

決算のご依頼は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|

2013年2月18日 (月)

確定申告書の受付がはじまりました

本日2月18日より確定申告書の受付がはじまりました。

横山税理士事務所でも出来上がっている確定申告書を
午前中に何件かe-Taxで送信いたしました。

確定申告書の受付期限は3月15日です。

確定申告でお困りの方は、横山税理士事務所まで
お気軽にご相談下さい。

税金のご相談は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|

2013年1月18日 (金)

確定申告時の無料相談実施のお知らせ

毎年、確定申告時の土曜日に実施しております
確定申告の無料相談ですが、今年もe-Taxの
準備が整い次第実施します。

今のところ2月2日、2月9日、2月16日、3月2日の
4日間を予定しております。

・サラリーマン、OLの方で昨年中に会社を辞めて
 再就職していない方で確定申告が必要な方

・サラリーマン、OLの方で、医療費控除を受けると
 所得税の還付が受けられる方

・サラリーマン、OLの方で、住宅借入金等特別控除を
 受けられる方

など、1時間以内で終了するようなご相談につきましては、
申告書を作成して、その場でe-Taxで申告書を税務署へ
送信いたします。 

午前9時から午後17時まで1人1時間ずつお時間を
取りますので、メールまたは電話でご予約をお願い致します。

税金のご相談は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|

2012年12月21日 (金)

平成26年1月からの白色申告書の記帳義務

個人事業者で白色申告の方へ

現在、白色申告で所得金額が300万円以下の方は
帳簿の記帳義務がありません。
領収書を集計して売上、必要経費の合計額を出して
申告をすれば大丈夫です。

しかし、平成26年1月からすべての白色申告者が
帳簿の記帳が義務付けられます。

記帳とは、売上などの総収入金額と仕入その他必要経費に
関する項目を記録として残すことをいいます。
会計ソフトで作成してもエクセルで作成しても大丈夫です。
もちろん手書きでもOKです。

どうせ、帳簿をつけなければならないのなら青色申告に
したほうがいいですね。
青色申告にすれば、「青色申告特別控除65万円」、
「損失の繰越」、「青色事業専従者控除の必要経費算入」
などの特典を受けることができますのでお得です。

そして、記帳をはじめるなら横山税理士事務所にご相談下さい。

税金のご相談は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|

2012年12月18日 (火)

復興特別所得税の源泉徴収について

給与の源泉徴収税額が来年1月から変更になることは
以前書きましたが、給与以外の源泉徴収も来年1月から
変更になります。

結論から言うとすべて2.1%加算した税率になります。

デザイナーやカメラマン、税理士や弁護士が受け取る報酬は、
現在10%源泉徴収されている場合は10.21%に

上場株式の配当金の源泉徴収は7%が7.147%に

非上場株式の配当金の源泉徴収は20%が20.42%に

預金利息の源泉所得税は15%が15.315%にと
いった具合です。

※預金利息は、現在20%(所得税15%、地方税5%)ですが、
 来年1月からは20.315%(所得税15.315%、地方税5%)
 になります。
 普通預金の利息の入金額から0.8で割戻しをして所得税、
 地方税を計算する場合は来年1月からは計算式が
 変わりますので注意が必要です。

税金のご相談は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|

2012年12月13日 (木)

復興特別所得税

いよいよ来年から復興特別所得税が課税されます。

復興特別所得税とは東日本大震災からの復興のための
財源を確保するために創設された税金で、平成25年から
平成49年までの25年間課税されます。
税率は、「いままでの方法で計算した所得税」の2.1%です。

個人事業者で確定申告をする方は平成26年3月の確定申告から
復興特別所得税2.1%を併せて納付するようになります。

給与所得者の方は来年の年末調整で復興特別所得税が
加算されますが、来年1月から月々の給料をもらうときに
2.1%の復興特別所得税を加算した金額を源泉徴収されますので、
年末調整で追加で徴収されることはありません。

税金のご相談は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|

2012年11月 7日 (水)

来年1月からの報酬の源泉徴収について

昨日は、平成25年1月から給料の源泉徴収税額が
変更になるという記事を書きましたが、
報酬に対する源泉徴収税額も同じように変更になります。

復興特別所得税2.1%を上乗せした税率で源泉徴収します。

個人でデザイナーなどをしていて源泉徴収されている方は、
今まで10%源泉徴収されていたとしたら来年1月からは
10%に2.1%上乗せした税率、すなわち10.21%が源泉徴収されます。

例えば、報酬が10,000円、源泉徴収税額1,000円、
差し引き入金額が9,000円だったとしたら
来年1月支払い分からは、源泉徴収税額が1,021円、
差し引き入金額が8,979円となります。

税理士報酬や弁護士報酬も同じです。

.

一部の税理士でもこういう料金設定の人がいますが、
例えば、税抜でぴったり50,000円を集金するために
報酬額 55,555円
源泉税  5,555円  (10%)
差引   50,000円
というような料金設定をしている場合、

来年1月から復興特別所得税が課されますので、
報酬額 55,555円
源泉税  5,672円  (10.21%)
差引   49,883円
となりまして、端数が出てしまいます。

これだと現金で集金する場合面倒ですね。
そこでぴったり50,000円にするために
報酬額 55,685円
源泉税  5,685円  (10.21%)
差引   50,000円
とする人がでてきたとしたら問題だと思いますね。

請求金額が55,555円→55,685円に値上げになるわけです。
復興特別所得税をお客様に転嫁して値上げをすること
になるわけですから問題ではないかと思います。

税金のご相談は、江戸川区葛西の

横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|

2012年11月 6日 (火)

来年1月の給料から源泉徴収税額が変わります。

平成25年源泉徴収税額表が国税庁のホームページに
掲載されております。

必要な方はこちらからダウンロードして下さい。http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/01.htm

平成25年1月1日から平成49年12月31日までの源泉所得税には
復興特別所得税が加算されますので、平成24年の源泉徴収税額表
とは税額が変更になっております。

復興特別所得税の税率が2.1%ですので、
平成24年源泉徴収税額表の税額に2.1%を
上乗せした税額が平成25年の税額になっています。

来年の1月1日以降に支給する給料の源泉所得税から
適用されますので、経理担当者の方はお気をつけ下さい。

税金のご相談は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|