法人税法

2013年4月17日 (水)

復興特別法人税の申告が始まります

いよいよ、この3月決算法人の申告から復興特別法人税の
課税が始まります。
復興特別法人税を申告納付するのは3年間です。

復興特別法人税の申告書は、法人税の申告書と同時に提出します。

税率は、法人税額の10%です。
従いまして、赤字の会社は法人税がゼロですので、
復興特別法人税の納付はありません。

その場合は復興特別法人税の申告書を出さなくても
いいことになっていますが、実は出したほうがいいのです。

といいますのは、後日税務調査などによって修正申告を
することになって、当初法人税額がゼロだったのがゼロでは
なくなった場合どうなるかといいますと

復興特別法人税の申告書を提出していない場合
  →無申告加算税がかかります。
復興特別法人税の申告書を提出している場合
  →過少申告加算税で済みます。

無申告加算税より過少申告加算税のほうが加算税額が少なくて済みます。

従いまして、法人税額がゼロでも復興特別法人税の申告書を
つけて出しておいたほうが無難です。
ゼロの場合は申告書の用紙に住所と名前を書くだけですから。

税金のご相談は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|

2012年12月14日 (金)

復興特別法人税

今日は復興特別法人税のお話です。

復興特別法人税の課税も間近に迫ってきましたので
切実な問題ですね。

なかにはもうすでに復興特別法人税を納付している
会社もあるでしょうが、一般的には来年の3月決算
から課税されます。

復興特別所得税が平成25年から25年間課税されるのに対して、
復興特別法人税は3年間です。
3月決算法人なら25年3月期、26年3月期、27年3月期です。
税率は、「いままでの方法で計算した法人税」の10%です。

従いまして、
赤字の会社は復興特別法人税の納付はありません。

復興特別法人税に関しては、実務上非常に面倒な計算が
待ち受けていますが、それは我々税理士が対応する問題
ですので、一般の方は3年間10%の復興特別法人税が
加算されるということを覚えていただければ十分です。

税金のご相談は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|