認定支援機関

2014年2月19日 (水)

ものづくり補助金 募集開始

今日は、外出も来客もない1日。

デスクワークに集中できます。

さて、今日はこの話題です。

「ものづくり補助金」の募集が開始されました。

このような場合に使えます。

①試作品、新商品の開発や生産プロセスの改善、
  新しいサービスや販売方法の導入する場合

②金融機関からの借入を行い老朽化に
  対処した大規模設備投資をする場合

③取引先の事業所の閉鎖・縮小の影響を受け、
  設備投資等を行う場合

もらえる補助金は、上記にかかる経費の
3分の2(上限1000万円)です。

募集期間は、平成26年2月17日から
平成26年5月14日です。

認定支援機関が事業計画づくりをサポートします。

詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓
https://www.mirasapo.jp/budget/files/25fymonodukuri2.pdf?utm_source=mirasapomail&utm_medium=mail&utm_campaign=20140218

補助金の申請に必要な事業計画づくりは
認定支援機関の横山税理士事務所まで、
お気軽にどうぞ

|

2013年10月28日 (月)

経営革新等支援機関の認定証

横山税理士事務所は、今年の7月10日に
経営革新等支援機関に認定されまして、
だいぶ前に認定証が届いていたのですが、
うっかりアップしていなかったので、
念のためアップしておきます。

R0011931_2


決算のご依頼は、江戸川区葛西の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ


|

2013年9月25日 (水)

創業補助金の第3回募集が開始されました

創業補助金の第3回募集が開始されました。
募集期間は平成25年9月19日から12月24日までです。

創業補助金の補助対象者は以下のとおりですが、
認定支援機関に経営計画を作成してもらうなどの
支援を受けることが必要です。

1.地域の需要や雇用を支える事業を興す起業・創業を行う者

2.既に事業を営んでいる中小企業・小規模事業者において
 後継者が先代から事業を引き継いだ場合などの業態転換や
 新事業・新分野に進出する第二創業を行う者

3.海外市場の獲得を念頭とした事業を興す起業・創業を行う者
 
 

補助内容は起業・創業にかかる経費(店舗賃借料や人件費、
広告費など)の3分の2で、起業・創業の内容により次のように
上限額が決められています。

1.地域需要創造型起業・創業 補助上限額200万円

2.第二創業 補助上限額500万円

3.海外需要獲得型起業・創業 補助上限額750万円

創業補助金の詳細は以下を参考にしてください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2013/130919Chiiki.htm

 

過去2回の募集では、約3,200件の応募に対して、
約2,500件に補助金が支給されております。

起業のご相談は、認定支援機関の
横山税理士事務所まで、お気軽にどうぞ

|